透明人間だったら

物語書いてます

反抗期息子との戦い、葛藤を
綴ります

第1、、星子物語

星子は、寒空の外をリビングから

眺めていた、


都会にある自分の家、

少し歩くと大通りがあり、

行き交う人々をたまに眺める、


不倫して8年だな、

私の年も28歳、

女として綺麗な時を

あの人に捧げている。


大人の男性、

悩んだ時は慰めて抱きしめてくれて

一緒に温泉や美味しいお店に行き、

はじめての男性だったから

余計にのめり込んだ、


もてないわけではない。


会社の男性から何人も言い寄られたし、

外見も、佐々木希ちゃんに似てると

良く言われるし。


だけど、愛してるのはあの人だけ、


親にも内緒の8年、

何度見合いとかすすめられただろう、


母親の口癖は

女は若い方がもらってもらいやすいから、

って物じゃないし、


好きでもない人と結婚しても

後悔するし相手にも失礼。


こう言う問題って

不倫してない人には相談したら

白い目で見られるし経験した人でないと

わからないよね。


人の心って綺麗事だけでは

割り切れないから。


あの人を待つ8年、


あの人は今頃は

休日で家庭サービスでも

してるのかな、


綺麗で優しい奥さんがいて

可愛い❤️子供がいて


どうして私に手を出したのだろう❓


私は遊び❓

本気でないの❓


たまに疑心暗鬼になる。


来週彼の誕生日を

外でお祝いすることになってる


家族には仕事だと言って嘘を言って。


悪い男、


だけど好きなの。


どうせ誕生日は別の日に

家族に祝ってもらうのでしょう。


誕生日のプレゼントは

私が居てくれてら いいのだって、


あの人が私の体を女にした、


彼に抱かれてると時間忘れて

一緒にスポーツしてるみたいに

汗をかくの、


もっと、もっと、

欲しくなる、


人の物だから欲しくなるのか、

自分の物に永遠にならないから

愛しいのかわからなくなる、


たまにしか会えない時は

うんとわがまま言っても、


わがまま言っても可愛いよって

愛してくれる。


こんな私の気持ちわかる人いるかな、、



星子の物語続く